痩せたいと思っていても、どのダイエット法も継続しなければ効果が出ません。どの痩せ方が自分に合うかわからないと模索しているうちにモチベーションは下がっていきます。すべてはあなたの継続する力次第なのです。

リバウンドの原因は停滞期に我慢できるかどうか

ダイエットが成功してもリバウンドという現象が起こることが少なくありません。
エネルギー消費量と摂取カロリーをしっかり計算してダイエットに励んでも、人間の生存本能というものを理解していないとそれがリバウンドの原因となってしまいます。
食事量を減らしていくと必ずやってくる「飢餓モード」は、停滞期と呼ばれているもので、体重が落ちない一定期間のことです。
この停滞期に食欲をどれだけ我慢できるかが、リバウンドしないポイントです。

停滞期の期間は短くて2週間、長いと2ヵ月間は続くと言われています。
これは人それぞれの持つ筋肉量や体格・体質の違いなどによります。
おおよその場合は平均で1ヵ月間で終わるとされています。
最低でも一ヶ月間、過剰な食欲を我慢することができれば、リバウンドとはならないと言えます。
停滞期を乗り越えるには、一途に我慢する方法だけでなく、チートデイと呼ばれる日を設定していつもより多めに炭水化物を摂取してストレス発散をするというものもあります。

チートデイを行えるのはあくまでも、普段からカロリー計算をしっかり行った上でダイエットをしている人に限ります。
チートデイ設定の間隔はおおよそ1週間に1回と考えましょう。
停滞期だからと言って、チートデイ以外でも食事量を戻してしまうと確実にリバウンドの原因となります。
また、この期間には体重をあまり気にしすぎないことも、精神的な面で重要です。
大事なのは体重よりも見た目ですので、脂肪が落ちやすいように筋肉量を増やすように努めれば、見た目も向上するでしょう。

体重というものは、その日のコンディションで前後1kgは変わるものです。
体内の水分量にも大いによりますので、3kgの増減で気にするようにするくらいがちょうど良いです。
きちんとカロリー計算をした上でのダイエット中に体重が減らない時期に入ったら、痩せてきている、ダイエットがうまくいっている証拠だと言えます。
そこからちょっとの時期を我慢することが大切です。

停滞期の原因はホメオスタシスという機能が働くため

ダイエット中に停滞期が起こる原因は、人間の身体に備わっている生命維持機能(ホメオスタシス機能)が働くからです。
ダイエットをしていて摂取カロリーよりもエネルギー消費量が上回る日が続くと、脳が身体の危機を感じ、生命維持を目的とするホメオスタシス機能が発動するというメカニズムです。
具体的には、少ない食事量でも効率良いエネルギー摂取(吸収)の方法を取る、いつもと同じ運動であってもエネルギー消費量を抑える、といった措置を取ります。

生命維持のためにはとても優秀で適切な処置をしてくれる機能ですが、ダイエットをしている間はこの停滞期がやっかいなものだと言えます。
このホメオスタシス機能が発動しやすいのは、さまざまなダイエット法の中でも食事制限をしている場合だと言われています。
食事制限では体重が落ちやすいため、手始めに食事制限を行う人が多いですが、1ヵ月という短期間で体重の5%以上の減量となった場合にホメオスタシス機能が働き、停滞期を引き寄せやすくなります。

このようなメカニズムで起きた停滞期にダイエットを諦めてリバウンドしてしまう原因として、レプチン分泌量の減少もあげられます。
レプチンとは、満腹中枢を刺激するホルモンで、食欲を満たすことによりそれを抑制する力も持っています。
レプチンの作用は身体が正常な状態でうまく働きます。
肥満状態ではレプチン分泌量は少なくなるため、満腹中枢への刺激も少なくなって満腹感を感じにくくなります。

同様に、停滞期にもレプチン分泌量は減少することが分かっています。
ホメオスタシス機能が発動すればするほど、レプチン分泌量へ大きな影響を与えるため、満腹中枢への刺激も減り、ダイエット前の食事量に戻したつもりが、つい食べ過ぎてリバウンドしがちです。